合宿免許では3種類の資格が取れる|格安なうちに急げ

ボート免許を取る

釣りやマリンスポーツに

男女

ボート免許と一般的には呼ばれているのが、小型船舶操縦免許証です。この免許証を取得することで、釣りやマリンスポーツなどをより楽しむことができるようになります。小型船舶操縦免許証には3つあります。小型船舶免許一級、小型船舶免許二級、特殊小型船舶免許の3つです。小型船舶免許一級は、最高級の免許で、船の運転範囲が無制限です。大型ボート、ヨットでの外洋、世界一周も可能です。小型船舶免許二級は、沿岸区域において20トン未満の船で、海岸より9km以内の水域で、釣りやクルージングを楽しむことができます。特殊小型船舶免許は、水上オートバイ専用の免許です。水上オートバイに乗るためには必要な免許となっています。二級免許と同時に取得する人も多いようです。一級は18歳から、それ以外は16歳から取得可能です。若い人ばかりではなく、20〜60代の幅広い年齢層が取得しています。自分の目的に合わせた免許を取得することで、趣味の幅が広がりますし、より楽しむことができるようになります。陸釣りとは別の醍醐味が味わえる船釣りが可能になったり、自然と出会い、無人島探索などの非日常的な体験をすることもできます。また、趣味にとどまらず、仕事に活かす人もいます。一級の場合は、遊漁船、遊覧船、屋形船の運航、二級の場合は、ダイビングスポットなどへの送迎といったマリン関係のサービス業に活用できます。また、特殊免許もライフセービングやバナナボートなどのマリンレジャーにおける業種で活躍します。

目的に応じて選びましょう

海

マリンレジャーをより豊かにしてくれるのがボートです。このボートを運転するには船舶免許を取得する必要があります。船舶免許は乗り物や排気量で区別する車などとは異なり、陸からの距離やボートを運用する場所によって必要な種類が変化するのが特徴です。そのため船舶免許を取得するさいには目的に応じた免許を選ぶ必要があります。船舶免許の種類は4種類に分類されています。外洋でのボート運航を考えるなら1級小型船舶操縦免許が必要となります。1級小型船舶免許を取得すればボートで外洋まで出ることが可能です。沿岸部周辺でのみボートを利用するなら2級小型船舶操縦免許がおすすめです。外洋には出ることができませんが1級小型船舶よりも手軽に取得できるので、フィッシングなど沿岸部でのマリンスポーツを楽しみたい方に向いています。湖でのフィッシングには2級湖川小出力小型船舶操縦士免許が最適です。湖や川の指定された区域であれば自由にボートで移動することができます。水上バイクやウェイクボードを楽しみたいなら特殊小型船舶操縦士免許が必要です。水上バイクを使えば2カイリまでは運航することができます。以上の4種類の免許を取得するためには国家試験に合格することが必要です。国家資格はそれぞれのカテゴリーにおいて学科試験と実技で判断されます。独学で合格を目指すのは現実的ではないので、船舶免許を取得する際は登録小型船舶教習所やスクールに通ってノウハウを身に着けてから試験に臨むことをおすすめします。

海を楽しむために

船

船舶免許は、通称ボート免許とも言われています。この船舶免許を取得する事で小さい船を自分で操縦する事ができるようになります。船で釣りをしたり、海の上でのんびりしたりと、自分の力だけで海を楽しめるようになるこの船舶免許を取得したいと考えている人は、とても多いです。また、人気のマリンスポーツも船舶免許を取得する事で手軽にできるようになります。船舶免許を取得する流れは、主に3つあります。まずは学校等へ行かず、自分の力だけで勉強をして取得する方法です。ただ、学科は独学でも合格できる可能性がありますが、実技は難しい部分があるので、学費を節約したいという人や、元々ある程度の知識があるという人は、実技だけ学校や教習所で勉強をする人が多いです。次に、船舶免許のための学校に通う方法です。ライフスタイルに合わせて勉強できる場所も多いので、昼間働いている人は夜学校で勉強をしたり、夜仕事をしている人は昼間に勉強をする事ができます。もちろん、取得する級別に勉強をする内容を選べます。また、一度勉強して級を取得したけど、長い時間が経って忘れてしまった事があるからまた勉強をしたいという人を受け入れている学校もあります。3つ目が、教習所に通う方法です。短期間で確実に船舶免許を取得したいという人に人気があります。教習所の修了試験に合格する事で、国家試験をパスできます。全国各地に様々な船舶免許のための学校や教習所がありますので、自分で色々と調べて合う場所を見つけましょう。