合宿免許では3種類の資格が取れる|格安なうちに急げ

短期間で取得しよう

安く早く免許を取得できる

運転する人

通常、普通自動車を自動車学校に通って取得しようとすると30万円以上費用がかかりますが、合宿免許なら格安で免許を取得できます。宿泊代や食事代込みで20万円程度のところもあり、自動車教習所の3分の2程度の費用ですみます。また普通自動車免許の他に普通二輪や大型二輪、大型二種などのコースもあります。合宿免許がこのように格安なのは土地代が安い地方にあることと、無駄のないカリキュラムが組まれているからです。通いの教習所ではあらかじめ都合の良い時間に予約を入れて授業や教習を受けます。予約が入らなかった時間は自動車も教官も待機の状態になりますが、稼働していない時間でも人件費や車の維持費などはかかります。合宿免許の場合には常に大勢の人が教習を受けるため、自動車や教官をフル活動させることができます。無駄がでないのでその分費用も抑えることができます。また教習所の場合には休日など希望者が多い時には予約が取れないこともありますが、合宿免許ではあらかじめ授業や教習時間が組まれているので安心です。格安だからと言って授業や教習内容に差はありません。それよりも毎日車の運転の練習が出来るので、技術も早く取得でき短期間で免許を取得できます。合宿免許は夏休みや冬休みなど、学生が休みの期間に一番利用者が増えます。この時期には他の時期よりも費用が高くなることが多いので、より安く免許を取りたければ夏休み時期をはずして利用すると良いでしょう。早割りやインターネット割引などのサービスを行っているところもあるので、割引制度を活用すればより格安で免許が取得できます。

集中したい人におすすめ

車

運転免許を取得したいと考えるときに、費用面が大きなハードルになる場合があります。免許を取得するには、自動車教習所に通う必要がありますが、選択する教習所によって受講料は様々です。通常の自動車教習所は20万円前後から30万円程度の費用が必要になる場合が多いため、学生などが取得するにはハードルが高くなります。一方で合宿免許を利用するととても格安で運転免許の取得ができる場合があります。格安で取得できる合宿免許は価格だけが人気なのではなく、短期集中型で取得できる点も人気です。夏休みや冬休みなどの休暇を利用して、学業に支障がでない時期に免許の取得が可能なのです。通学コースを選択して自動車免許を取得する場合には、早くても3か月から6か月の期間が必要になります。また、人によっては1年以上かかる場合も多い傾向にあります。通学の場合には予約制になるため、自身の予定と予約の空き状況がうまく重ならないと必要以上に免許の取得に時間がかかってしまうのです。こうした状況を回避したい場合には合宿免許が人気なのです。格安で取得したからと言って、付与される免許には通学も合宿免許も違いがないため、スケジュールさえ調整できればとてもお得に免許を取得できます。合宿免許の特徴は格安だけではなく、同じ志をもった同世代とともに合宿をできる点にもあります。友人が身近にいるととても励みになり、気が付いたら免許の取得ができていたというケースが多いのです。

期間や費用の制度をチェック

初心者マーク

運転免許を取りたいが通学にしようか合宿免許にするか悩んでいるという場合、どちらにもメリットとデメリットがありますが、合宿で参加する場合の期間はおよそ2週間です。長くても3週間です。自分で教習予定を組む必要がなく、あらかじめ決められたカリキュラム通り教習を受けるだけなので、せっかく空いた日に技能教習を受けようと思ったら予約で一杯だったということがなく、短期で運転免許が取得できます。ただし、合宿に参加するとホテルも既に手配済ですから勝手に途中で帰ることができないため、まとまった期間休みを取ることができる学生に向いているプランです。料金についてですが、合宿免許はメリットしかなく普通に通学する場合と比べると格安です。合宿免許の料金は20万円〜高くても25万円なのです。これは、通学の場合とほぼ変わらない料金なのですが、同程度の料金にも関わらず宿泊費や交通費、保険代、教習代、その他費用も含めてこの料金なので非常に格安なのです。さらに格安だと18万円という教習所もあります。また、合宿免許のほうが格安な点は他にもあり、保証制度が充実しています。教習中に筆記試験がありますが、不合格だと再受験には受験料が発生します。それが合宿免許だと保証付きプランがあるため別途負担することがないのです。そして、合宿免許最大のメリットは観光やレジャーが楽しめることです。教習所は全国各地にあります。各教習所で合宿プランを用意しており、基本土日は休みです。レジャー重視で選ぶなら、温泉地や海の近い教習所を選ぶのもいいのです。